土地の名義変更が必要なパターン

不動産には一戸建てやビル、マンションなどいくつかの種類があり、所有者が変わった時には名義の変更を法務局で行います。不動産の一つである土地も名義変更が必要となりますが、自力での手続きが難しい場合には司法書士などの専門家に依頼することになるでしょう。土地の名義変更が必要になる例としては、売買や相続、贈与などが挙げられます。また、離婚による財産分与で自分の名義になった場合にも、土地の名義変更を法務局で行いましょう。

これらの例において手続きを放置していると、いざ売却しようとした時に話を進めることができなくなります。所有者を明確にしておくことで個人の財産として扱われ、その不動産が自分のものであることを証明できるようになっています。売買を行う予定がある場合には、土地の名義変更を早めに済ませておくことでトラブルを防止することも可能です。売買は基本的に面識のない第三者同士で行われるため、相手の出方次第ではトラブルになる可能性もあります。

事前に変更を済ませておけば、売却を行う不動産が自分ものであることを公的に証明することができるでしょう。相続によって受け継いだ土地の名義変更は相続登記と呼ばれ、故人から相続人へと名義が変更されたことを示します。相続については必ずしも相続人が1人とは限らず、また相続人自身であることを証明するための書類なども求められます。故人と相続人の戸籍や住民票など、必要書類の準備が必須です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*